多額の資本金

会社を設立・運営する際、どうしても多額の資本金が必要となるため、金融機関から借り入れを行わなければなりません。

多くの出資者を募ることができれば借入を行わずとも起業に至ることができますが、

個人事業主などの場合はそういうわけにもいきません。

そこで、個人事業主のみなさんのために、個人事業主借入の必要性をご説明します。

まず、借入とは会社を設立・運営するにあたっての資金調達の手段です。

借入はもちろん借金のことですから、利息を払わなければなりません。

そこでみなさんが考えるのが、借入を行わずに経営ができるのかということです。

借入を行わずに経営を行うことができれば、収益から利息分を支払う必要性がなくなり、経営の効率化に繋がることになります。

しかし、ここには一つの盲点があります。

借入を行わずに経営をすると、利益をコンスタントに上げているうちは経営の効率化が確かに期待できます。

しかし、利益を思うように上げることができなくなればどうなるでしょうか。

その現状を打開するための設備投資などを行わなければなりません。

そこで必要となるのが大規模な資金ですが、借入を行わずに利益も上げることができていないのですから、

新規に借入を行わなければなりません。しかし、個人事業主の場合、信用もなく、今まで取引があったわけでもないですから、

すぐに資金を融通してくれるとは考えにくいです。

そこで、個人事業主にとっては、いくら経営の効率化につながろうとも借入を行わず経営を行うのは得策ではないのです。

これが個人事業主借入の必要性です。

このように個人事業主借入の必要性は、リスク軽減というところにあるといえます。